会社を好きになるプロセス~従業員エンゲージメントが重要~

従業員エンゲージメント調査で従業員の意欲を掻き立てろ

従業員エンゲージメント調査とは?

従業員エンゲージメント調査とは、企業の業績向上や戦略的な人材確保のため、企業が掲げている戦略・目標を理解した従業員の自発的な貢献意欲がどのくらいかを調査することです。

従業員へ尋ねておくべき質問TOP5

no.1

社内のビジョン、目標等の認知度はどのくらい?

チームとしての結束、全員が同じ方向を向いて働くために、従業員一人一人が社内のビジョンや目標等を理解し意識しているのか、調査する必要があります。

no.2

自分が働いている意味を見出しているか?

若手社員の成長のため、利益アップのため、家族のため、人によって理由は様々ですが、自分の働く意味を見出すことで従業員エンゲージメントは高くなります。

no.3

自分が行なっている仕事の影響力について

自身の努力や成果が上司やクライアント先に評価されているか、ということを自覚し、自身の影響力を意識できることで従業員エンゲージメントは向上します。

no.4

社内の悪い習慣に関して

長年続いている社内の悪い習慣は従業員の肉体的・精神的疲弊に繋がりかねません。従業員が感じる悪い習慣を調査・対処し従業員エンゲージメントを向上させましょう。

no.5

コミュニケーションはとれているか?

従業員間において透明性のある情報が共有されているか調査し、従業員が自発的に発言できている環境かどうかを知ることは従業員エンゲージメントの向上に必要です。

会社を好きになるプロセス~従業員エンゲージメントが重要~

複数の人

従業員エンゲージメント調査を行う目的

従業員エンゲージメントの調査を行うことで、業績向上、離職率の低下、社内の信頼感の向上などに繋がります。従業員エンゲージメントが高く保たれることで、従業員からの会社への忠誠心が高まり、優秀な人材の流出が防がれ定着率が向上する他、人材不足に陥ることがないため求める能力を持つ人材に絞った採用活動を展開できます。

従業員エンゲージメント調査の流れ

まずは調査項目・対象を明確にするための準備を行います。そして、対象となる従業員に調査を実施し、集計したデータの分析を行い統計的にどのような回答となるか整理します。整理したデータを元に従業員エンゲージメント向上のための改善施策を決定し、ワークショップ・研修など組織改革につながる改善策を講じていきます。

調査結果の活用方法

従業員に対し行った調査結果は「フィードバック」する必要があります。フィードバックが無ければ、従業員としても何のための調査なのか分からなくなり本音を聞き出すことが難しくなります。具体的には、調査結果を元にした研修やワークショップ、人事が各部署に調査結果を直接フィードバックしに行くなど、目に見える形で行います。

おすすめ記事一覧

レディ

離職率をも抑える<従業員エンゲージメントの実力>

「従業員エンゲージメント」は「従業員の企業・組織への自発的貢献意識」を意味するので、この管理は企業・組織にとって非常に重要な施策です。商品・サービス等の品質管理向上を支え、社会的信頼を深化・拡大させ、長期的な業績向上につながる施策です。さらには従業員の働きがい向上へもつながる施策です。

READ MORE
複数の人

会社を好きになるプロセス~従業員エンゲージメントが重要~

従業員エンゲージメントに関して、その意味と何のために、どのように実施するのかを紹介してきました。企業全体のレベルアップのためには企業が従業員からの信頼を得ることが必要です。

READ MORE
男性と女性

従業員エンゲージメントがわだかまりを無くす

従業員エンゲージメントは従業員のモチベーションだけでなく会社の業績向上にもつながりますのでとても重要です。コンサルティング会社を活用しながら、自社内でも従業員満足度アンケートを実施したり、従業員がモチベーションを高められる環境を整えましょう。

READ MORE
広告募集中